Be-project|安全マップ

Be-project

子供たちを危険から守るための安全マップ

安全マップ|子供たちの安全情報を共有

安全マップ

小さな子供を持つ親御さんにとって、最も重要な関心事の1つに「子供たちの安全」が挙げられるでしょう。
子供たちは常に自分の目の届く範囲にいるとは限りません。そのため、小学校では通学路の安全を確保するためのマップ作りをしているところもあります。また、地域で危険箇所を示したマップもあります。
安全マップ」は、そういった情報を一手に収集・共有し、みなさんで子供たちを守りましょう、というテーマで制作されています。

検索と登録

安全マップの使い方は「検索する」か「登録する」の2つ。
検索したいときは、安全マップのページから自分が検索したい小学校区の学校名を検索フィールドに入力して検索するだけ。
検索結果では色によって「危険」「事故」などの種類に分けられたピンが立っており、一目で区分が分かるようになっています。 また、同じページから安全マップにまだ登録されていない学校の情報を登録することも出来ます。

携帯端末からでも利用可能

安全マップはパソコンからだけでなく、携帯電話(docomo、au、SoftBank ※一部機種を除く)、カーナビ、デジタルテレビ、NTTフレッツフォン、Wiiやプレイステーションなどのゲーム機でもアクセス可能。

防災マップ、Webカメラマップ

安全マップでは、このほか避難場所を防災情報・災害情報を共有する「防災マップ」や、Webカメラの設置場所やその映像を配信しているウェブサイトへの誘導が出来る「Webカメラマップ」も用意しています。子供たちに限らず、危険を回避するための手段として有効なコンテンツです。

参考URI:
安全マップについて:http://www.anzen-map.net/about_map.html